アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
芸能人 アルバム
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
年賀状作成
ボウリングを本格的に始めようと思ったら、やはりボウリング場で貸し出しているボールやシューズではなく、自分専用のものが欲しくなります。こうした自分専用の用具は、正しく選べばボウリングがぐっとやりやすくなること請け合いです。ボウリングの用具を選ぶなら、やはり専門のショップ。ボウリング用品はネットショップでも購入できますが、初心者の場合は、ボウリング場にあるプロショップで、店員さんに相談・質問しながら自分に合ったものを買うことをオススメします。こうしたプロショップでは、特にボールの指穴の開け方に関して... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/12/17 07:34
デュエルマスターズカード
ボウリング場に行けばボールを貸し出してもらえますので、そのボールを使ってボウリングを楽しむのが普通でしょう。しかし、ボウリングにだんだん慣れてくると、ボウリング場のボール(ハウスボールといいます)では物足りなくなってくるはずです。そのように感じるようになったなら、自分専用のボールを購入してしまいましょう。ボールを自分で買う利点としては、・指穴の大きさや位置が自分にピッタリ・重さも自分にふさわしいものが選べるといったところでしょうか。ハウスボールの中から「重さ・指穴の位置・指穴の大きさ」の3点がそ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/12/17 01:55
ハイパーメディアクリエイター
ボウリング用品は、基本的にはボウリング場で貸し出していますが、本格的にボウリングを始めるなら、やはり自分専用の用具を買う必要が出てきます。ボウリング用品を扱っているショップは全国にあります。しかし、初心者の場合は、自分に合った用具を自力で選ぶことはほぼムリでしょうから、まずはボウリング場のプロショップで、経験豊かなスタッフのアドバイスを聞きながら、ボールやシューズなどを選ぶといいでしょう。こうしたアドバイスによって選ばれた用具は、プレーの腕が上がるだけでなく、合わない用具の使用によるケガをも防い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/16 20:34
サッカー
ボウリングの世界でも、プロは存在します。プロボウリング選手(プロボウラー)になるには、「(社)日本プロボウリング協会資格審査委員会」が実施するプロテストに合格しなくてはなりません。ボウリングのプロテストは、2006年からかなり受験資格が厳しくなりました。具体的には、・満16歳以上の男女・前年度、30ゲーム以上で、男子190アベレージ・女子180アベレージ以上を有すると認められた者・加えて、在籍5年以上のプロボウラー2名の推薦が必要上記の条件をすべて満たさないと、プロテストすら受けられません。プロ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/16 15:25
忘年会シーズン
ボウリングは、究めれば究めるほど、奥の深さが実感できるスポーツ。それゆえ、ボウリングの経験を重ねてボウリングの楽しさや素晴らしさに目覚めた人の中から「プロになりたい」と思う人が出てくるのも当然と言えます。日本では、ボウリング場は多いものの、サッカーや野球などと比べると、それほど派手なスポーツというわけでもありませんから、どうしたらプロのボウリング選手(プロボウラー)になれるのか、意外と知られていません。プロボウリング選手になるには、プロテストを受ける必要があります。まずは受験資格を満たした上で、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/16 11:09
浦和レッズvsACミラン
ボウリングは、文字通りボールを投げる球技。投げたボールでいかに10本のピンを倒すかを競うものです。よって、ボウリングで最も重要なことは、ボールの投げ方ということになります。ボウリングのボールの投げ方には、当然のごとくコツがあります。この投げ方によって、ピンがどのように倒れるかが決まりますから。ボウリングでのボールの投げ方の基本は、ボールを振り子のように振ること。狙うほうに向かってゆっくり大きくボールを振ります。ボウリングのボールの投げ方で重要なのは、腕の振りだけではありません。そのときの足の動き... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/16 02:00
グランツーリスモ
ボウリングは、究めれば究めるほど、奥の深さが実感できるスポーツ。それゆえ、ボウリングの経験を重ねてボウリングの楽しさや素晴らしさに目覚めた人の中から「プロになりたい」と思う人が出てくるのも当然と言えます。日本では、ボウリング場は多いものの、サッカーや野球などと比べると、それほど派手なスポーツというわけでもありませんから、どうしたらプロのボウリング選手(プロボウラー)になれるのか、意外と知られていません。プロボウリング選手になるには、プロテストを受ける必要があります。まずは受験資格を満たした上で、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/15 18:22
ペアリング
ボウリングがある程度上達し、かつ頻繁にボウリング場に行くようなら、自分専用のボウリング用品を購入するといいでしょう。ボウリング用品として必須なのは、まずボールとシューズ。どちらもボウリング場が貸し出すものの中から自分にフィットするものを見つけるよりは、自分専用のものをあらかじめ持っていたほうが、毎回違うものを使うよりもよほどラクです。それにシューズに至っては、人が使ったものを使うことを考えたら、よほど衛生的です。ボウリング用品は、ボウリング場に併設されているプロショップ以外にも、ネットショップな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2007/12/15 12:01
すし屋の芳勘
ボウリングの世界でも、プロは存在します。プロボウリング選手(プロボウラー)になるには、「(社)日本プロボウリング協会資格審査委員会」が実施するプロテストに合格しなくてはなりません。ボウリングのプロテストは、2006年からかなり受験資格が厳しくなりました。具体的には、・満16歳以上の男女・前年度、30ゲーム以上で、男子190アベレージ・女子180アベレージ以上を有すると認められた者・加えて、在籍5年以上のプロボウラー2名の推薦が必要上記の条件をすべて満たさないと、プロテストすら受けられません。プロ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/12/15 05:22
エトワール・サヘル
ボウリングシューズは、名前通り、ボウリングを快適に楽しむための専用シューズ。ボウリングは自分に合ったボールを選ぶことも大切ですが、下半身の安定もそれに劣らず大切なこと。自分専用のボウリングシューズを適切に選ぶことは、あなたのボウリングの腕前を上げるお手伝いをしてくれることでしょう。ボウリングシューズはピンキリ。ハウスシューズ(ボウリング場で貸し出しているシューズ)のレンタル料10回分程度のものから数万円するものまであります。プロショップなどで売られているボウリングシューズは、ハウスシューズと若干... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/14 23:35
P905i
ボウリング(bowling)は、今や日本では大変メジャーなスポーツ。ボウリング場はだいたいどこにでもあるので、ボウリングを知らない人はいないでしょう。ボウリングはご存知の通り、正三角形に並べた10本のピンにボールを投げて倒すスポーツ。ボウリングの歴史自体は結構古く、古代エジプトの頃にまで遡るようです。とはいえ、現代のかたちになったのは、ここ数百年の間のことで、日本にボウリングが入ってきたのが19世紀。ボウリングは日本では、1970年前後に大流行しました。スコアの計算が機械化されたのもこの頃からで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/14 18:44
ムートンブーツ
ボウリングをする上で重要なものの一つに、シューズがあります。ボウリングというと、とかくボールだけに目が行きがちですが、ボールは手だけで投げるものではありません。ボールを投げるためには下半身、特に足の動きはとても大切。よって、足にフィットしたシューズを選ぶことが、ボウリングの上達を助けてくれることになるのです。また、ボウリング場でレンタルしているシューズ(ハウスシューズ)は、1回300円前後。安いシューズなら、10回分のレンタル料で買えてしまいます。以上のことに加え、衛生面から見ても、シューズは買... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/12/14 13:47
寄せ植え
ボウリング場の魅力は、ボウリングを楽しむために必要なすべての道具や設備が整っているため、身一つで行けば良い点。ボウリング場では、シューズやボウルの貸し出しはもちろん、ピンを並べることから倒したピンの回収、果てはスコアの計算、ゲームの進行まですべて自動。ボウリングのルールを知らない人でも、ボウリング場に行きさえすればボウリングを楽しむことができます。こう書くと、ボウリング場に行ったことのない方などは、「ボウリング場では至れり尽くせりで、プレイヤーが受身になってしまって面白くないのでは」と思われるか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/14 06:04
福田沙紀
ボウリングの世界でも、プロは存在します。プロボウリング選手(プロボウラー)になるには、「(社)日本プロボウリング協会資格審査委員会」が実施するプロテストに合格しなくてはなりません。ボウリングのプロテストは、2006年からかなり受験資格が厳しくなりました。具体的には、・満16歳以上の男女・前年度、30ゲーム以上で、男子190アベレージ・女子180アベレージ以上を有すると認められた者・加えて、在籍5年以上のプロボウラー2名の推薦が必要上記の条件をすべて満たさないと、プロテストすら受けられません。プロ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/12/13 23:55
スカパラ
ボウリングを本格的に始めようと思ったら、やはりボウリング場で貸し出しているボールやシューズではなく、自分専用のものが欲しくなります。こうした自分専用の用具は、正しく選べばボウリングがぐっとやりやすくなること請け合いです。ボウリングの用具を選ぶなら、やはり専門のショップ。ボウリング用品はネットショップでも購入できますが、初心者の場合は、ボウリング場にあるプロショップで、店員さんに相談・質問しながら自分に合ったものを買うことをオススメします。こうしたプロショップでは、特にボールの指穴の開け方に関して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/13 18:18
kemuri
ボウリングを本格的に始めようと思ったら、やはりボウリング場で貸し出しているボールやシューズではなく、自分専用のものが欲しくなります。こうした自分専用の用具は、正しく選べばボウリングがぐっとやりやすくなること請け合いです。ボウリングの用具を選ぶなら、やはり専門のショップ。ボウリング用品はネットショップでも購入できますが、初心者の場合は、ボウリング場にあるプロショップで、店員さんに相談・質問しながら自分に合ったものを買うことをオススメします。こうしたプロショップでは、特にボールの指穴の開け方に関して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/13 05:11
高山みなみ 離婚
ボウリングの世界でも、プロは存在します。プロボウリング選手(プロボウラー)になるには、「(社)日本プロボウリング協会資格審査委員会」が実施するプロテストに合格しなくてはなりません。ボウリングのプロテストは、2006年からかなり受験資格が厳しくなりました。具体的には、・満16歳以上の男女・前年度、30ゲーム以上で、男子190アベレージ・女子180アベレージ以上を有すると認められた者・加えて、在籍5年以上のプロボウラー2名の推薦が必要上記の条件をすべて満たさないと、プロテストすら受けられません。プロ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/13 00:36
patagonia
ボウリングにおいては、当然ボールを扱うテクニックが重視されますが、道具選びも軽視できません。ボウリング用品の中でも重要なのが、ボール。ボウリング用のボールは、他の球技のボールとはかなり構造が違います。野球やサッカー、バスケットボールなどの球技で使うボールは革やゴムなどの柔らかい素材で作られ、弾力がありバウンドするようになっていますが、ボウリングのボールはこうしたものと比べると大変硬くて重く、「投げる」とは言いながらも、実際には転がして使います。ボウリングのボールは、初心者なら、まずは「ハウスボー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/12 20:26
神戸ルミナリエ
ボウリングはボールの投げ方ですべてが決まるといっても過言ではありません。よって、ボウリングの上達を望むなら、ボールの投げ方を究める必要があります。ボウリングのボールの投げ方は、一言で言ってしまえば「ピンを思い通りに倒せればそれでいい」ということになります。しかし、初心者などはよく経験することですが、単にボールを投げればピンが倒れてくれるものでもありません。レーンの脇の溝にボールを入れてしまったり(ガター)、ガターにならずともすべてのピンを倒すことができなかったりと、ボールをうまくコントロールする... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/12 13:21
アスクル
ボウリングは、日本人には今や馴染みのスポーツ。一時期ほどの爆発的流行はないものの、ボウリング場の数も多く、普段着のまま道具も持たずに行って楽しめるということもあり、その人気は今も健在です。ボウリングは初心者でもカンタンに楽しめるとはいえ、スコアを競うものですから、何回かボウリングを経験して慣れてくると、「もっと上手くなりたい」と思うようになるのが人間というもの。ボウリングは、他のスポーツ同様、上達するためにはコツがあります。もちろん練習や経験も大切ですが、こうしたコツを知っているのと知らないのと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/12 10:17

続きを見る

トップへ

月別リンク

芸能人 アルバム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる